行方不明者を探す時の知識

行方不明者の定義

「生活の本拠を離れ、その行方が明らかでない者」を「行方不明者」として警察は届出を受理しています。

行方不明者届(旧:家出人捜索願)

平成21年、行方不明者発見活動に関する規則が制定され平成22年に施行された際に行方不明者届に改められました。 旧:捜索願との違いは届出人が家族以外でも密接な関係がある一部に緩和された。
密接な関係は遺体を引き取れるかどうかが基準の一つといわれています。

行方不明者届を出せる人(届出人)

届出先

提出書類

家出人の写真(最近の物が望ましい)
提出者の身分証明書・印鑑

行方不明者の氏名
生年月日
本籍
職業
行方不明時の住所
行方不明時の年月日
いなくなった場所
原因や動機
立ち回り先
服装や所持品に関する事項
失踪時の着衣
人相(黒子等の特徴)
身体的特徴(体格、身長、髪型、血液型等)
車・オートバイ使用の場合、車種と登録ナンバー
その他、行方不明者の発見のために参考になる事項
中でも最低限の情報として、聞かれること
本籍、住所、氏名、生年月日
身体特徴、行方不明となった時の服装、所持品
使用車両に関すること
立ち回り見込先

公開:特異行方不明者
非公開:一般家出人

一般行方不明者

本人に家出の意思があり、家出をした場合を指します。 事件性がなく通常、積極的な捜索はされない。 自身での捜索や行方調査を考慮してご家族は行方不明者届の提出は必須。

特異行方不明者

本人に家出の意思がなく、望まずに失踪した場合や、生命の危機がある場合を指します。 殺人・誘拐などの事件に巻込まれたり、日頃の言動や遺書から自殺の可能性がある人物、一人では遠方に行けない幼児や認知症の老人など。

特異行方不明者の定義

殺人、誘拐等の犯罪により身の危険があるおそれがある
少年の福祉を害する犯罪の被害にあうおそれがある
行方不明直前の行動などから水難、交通事故などに遭遇しているおそれがある
遺書がある、普段の言動などから自殺のおそれがある者
精神障害、危険物を携帯するなど自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがある
病人、高齢者、年少者など生活能力がなく生命又は身体に危険が生じるおそれがある

手配をした日から三月を経過する日まで
受理署長が継続を認めるときは3ヶ月ごとに更新が可能。

行方調査とは・・・

1

(1)所在調査 (相談内容例:対象者が居場所を隠していないが居場所が分らなくなったケース) ・昔の恩師・恩人と連絡を取りたいが以前の住所しか分らない。 ・疎遠になっている親類・縁者。 ・前の職場・アル ...

2

(2)失踪・家出人調査 (相談内容例:居場所を隠し、人知れず逃げているケース) ・相談相手になってくれた友人・知人と連絡が取れなくなった。 ・夫・妻が勤めに出たまま姿を消した、会社にも行っていない。 ...

3

警察白書によると、平成27年全国の警察が受理した行方不明者届の受理件数は82,035人で、男性が53,319人、女性が28,716人となっております。注目すべき点は行方不明者の捜索願受理件数の総数があ ...

投稿日:

Copyright© 人探し・行方調査 悩み解決サイト , 2019 AllRights Reserved.